触れること 触れられること

こんにちは

Hand to heartの“こころ”といいます。私は作業療法というリハビリのお仕事をしながら、アロマやリラクセーション、最近はミネラルファスティングについて学び、施術をさせていただいています。このブログでは、日常生活の中で、ふっと思いついたことを、アロマやファスティング、お身体の観点から、ちょっとだけ深堀りしてお話させていただきます。このブログがほんの1滴(0.05ml)でもどなたかの生活のエッセンスになれば嬉しいです。

トリートメントでの出来事

今日は自宅サロンでアロマトリートメントをさせていただく日、本日のお客様は2回目の方で初回から約1ヶ月ぶりに触れさせていただく方です。温かいハーブティーを飲みながらゆっくりとお話をして、今日の体調、ここ1ヶ月の体調の変化などをお聞きします。特に前回は初回であったため、トリートメント後の様子はメールなどで体調をお聞きしていましたが、その後の様子や今の気持ちなどもゆったりした気持ちでお聴きできると、その場の空気も和み、トリートメントを行うときの助けになります。

トイレを済ませ、ベッドへ。私のトリートメントは基本的に全身トリートメント。まずは、タオルの上から背中・腕・足の状態をゆったりと確認させて頂き、お客様が選ばれた大好きな香りのトリートメントオイルを両手いっぱいに取って、背中から塗布していきます。

腰のあたりから肩にかけてストローク、肩を優しく包み込んでからまた腰にかけてストローク。触れさせていただいた瞬間、毎回、皮膚を通してお体とつながった感覚を覚えます。一人ひとり全く違う感覚で、その時の疲れ具合や緊張の度合いでも帰ってくるメッセージは違いますが、お体が私に教えてくれる感覚があるのです。

お肌から伝わってくるその方からのメッセージを受け取りながら、私の手からお返しの波動というのでしょうか?お返事を返していく…                                 自然と呼吸が深くなり、心臓がゆったりとけれども強くしっかりと鼓動をうち、私の芯から腕・手を伝わって、お客様の身体につながっていく、そうしてエネルギーがループするイメージが湧いてくるのです。ゆったりとしたストロークを進めながら、エネルギーのやり取りをしていると、自然と筋肉の緊張がほぐれて行き、しなやかなお身体に戻っていくように思います。

もちろん、すぐにはその感覚を受け取ることができない場合もあります。そんな方ほど疲れていると思うのですが、筋肉は緊張して強張り、皮膚もパーンと張っていたり、角質が肥厚してしまい柔軟性が乏しく、オイルがなかなか浸透していかない場合も多いです。                        しかし、オイルトリートメントはそんな時ほど効果を発揮します!オイルが時間をかけて浸透することで、皮膚表面が柔らかくなり、皮膚が密着することで深層にエネルギーが届きやすくなり、オイルがその名の通り潤滑油になってくれることで全身にエネルギーを流すことができるのです。

私にとっての至福の時間です

本日はトリートメントの終了直後、ご感想を頂いたら、「こころさんの手からなにか出しているでしょ!」と仰っていただきました。                               私が感じているエネルギーはお客様も感じてくださっていて、ちゃんとループしているのだ!と改めて確信した出来事でした。

今回はこのへんで失礼致します。今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。みなさまにとって、素敵な1日でありますように…

アロマトリートメント・リラクセーションにご興味がある方。日常にアロマを取り入れたいと思っている方、以下のお問い合わせにてご連絡ください。心を込めて提案させていただきます。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
手塚 こころ作業療法士、アロマセラピスト、アロマボディワーカー
年齢:1979年生まれ・しし座 性別:女性 住所(出身):東京(東京) 仕事:作業療法士    アロマセラピスト    ボディーワーカー 趣味:ボディーワーク    合唱・スキー・旅行 <メッセージ> 私は約20年お身体に関わらせて頂く仕事を続けてきました。 その中で「人は”ホッ!”と一息休める時間があるからこそ頑張れる!」 大人でも、子供でも、おじいちゃん・おばあちゃんでも… ”ホッ!”とすることで、こころと身体にほんの少しの隙間(余裕)が生まれると思うようになりました。 そんな、空間を作っていきたい! このブログはそんな思いで書いています^^