香り

こんにちは

Hand to heartの“こころ”といいます。私は作業療法というリハビリのお仕事をしながら、アロマやリラクセーション、最近はミネラルファスティングについて学び、施術をさせていただいています。このブログでは、日常生活の中で、ふっと思いついたことを、アロマやファスティング、お身体の観点から、ちょっとだけ深堀りしてお話させていただきます。このブログがほんの1滴(0.05ml)でもどなたかの生活のエッセンスになれば嬉しいです。

心と香り

今日は仕事で気持ち的にしんどいことがあった私、仕事場では終始、自然な笑顔を心がけて自分に大丈夫と暗示をかけながら仕事を終えましたが、頭は“ガンガン”と痛く、忘れたいのに家に帰っても仕事のことが頭の中で“ぐるぐる”と回り続けて、どうにもならず・・・

そんな時は、美味しいご飯を食べて、ゆっくりお湯に浸かって、お布団へ直行!          と行きたいところですよね。

でも、湯船に浸かる元気も出なかった私は、軽くシャワーを浴びた後、精油の小瓶の前へ      今日「いい香り~」と思う精油を手に取り、ゆったりと座ると、まずは深呼吸^^

精油の蓋を開けて ゆっく~り… ゆった~り… 呼吸を続けながら頭をマッサージ。

頭のてっぺん、少し柔らかくて凹む場所、“百合のツボ”                      手を頭の横にずらし、こめかみから耳の前のあたりまで、“側頭筋”                頭の後ろに手を持っていき、目の真後ろから頭の付け根へ

それぞれ、気持ちが良いと思える強さで、香りを楽しみながらマッサージ。             次に身体用のオイルをほんの少し手に取り、精油を1滴 手の中で温めながら一呼吸        その手を首筋へ…頭の付け根から肩先にかけてゆっく~り “行ったり来たり”           少し背中に手を伸ばし、肩甲骨の内側を首に向かって、汚れをかき出すように押してあげます。   首から肩先、背中の届くところ全体をゆったりとなでてあげたら、肩甲骨をゆっくりと前から後ろに回して、一呼吸。

このまま、お布団へ直行!

しんどいことはなかなか忘れられませんが、ほんの少しこころが軽くなって、まぶたが重くなって、いつの間にか夢の中へ…

心がしんどい時に良いと言われている精油は沢山あります。                   それを考えながら香りを選ぶのでもいいですが…                        そんな知識は土返しに、その時に感じたままに、自分の好きな香りを選べば良いのです。

なぜか? それには、ちゃんとした理由があります。

香りと臭覚

香りを感じている“臭覚=臭神経”は、大脳の扁桃核にある視床下部というところにつながっており、香りはまずその“視床下部”で認識されます。                           この“視床下部”というところは、「本能(感情)=すき!嫌い!」を司る部分なのです。

本能は、その時の自分に必要なものを瞬間的に選び出すことができます。               理屈抜きに、脳が選び取ってくれるのです。

“臭神経はダイレクトに本能へ働きかけてくれる唯一の神経なのです!”

なので、香りを選ぶ時は“好き!”で選べば問題なし!「今の自分に必要な香り」をちゃんと選び取って、自分を癒やしてくれることでしょう。

みなさまも自分が好きな香りを手にとって、できれば数本お家に置いておき、時々香ったり、今回のようにマッサージしてみたり、コットンに数滴たらしたり…

良ければ試してみてください。ちなみに、布団へ直行した私は、いつもよりずっと早く寝てしまい、翌日にはスッキリ起きました!^^

今回はこのへんで失礼致します。今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。みなさまにとって、素敵な1日でありますように…

アロマトリートメント・リラクセーションにご興味がある方。日常にアロマを取り入れたいと思っている方、以下のお問い合わせにてご連絡ください。心を込めて提案させていただきます。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
手塚 こころ作業療法士、アロマセラピスト、アロマボディワーカー
年齢:1979年生まれ・しし座 性別:女性 住所(出身):東京(東京) 仕事:作業療法士    アロマセラピスト    ボディーワーカー 趣味:ボディーワーク    合唱・スキー・旅行 <メッセージ> 私は約20年お身体に関わらせて頂く仕事を続けてきました。 その中で「人は”ホッ!”と一息休める時間があるからこそ頑張れる!」 大人でも、子供でも、おじいちゃん・おばあちゃんでも… ”ホッ!”とすることで、こころと身体にほんの少しの隙間(余裕)が生まれると思うようになりました。 そんな、空間を作っていきたい! このブログはそんな思いで書いています^^