田植えに行ってきました!

こんにちは

Hand to heartの“こころ”といいます。私は作業療法というリハビリのお仕事をしながら、アロマやリラクセーション、最近はミネラルファスティングについて学び、施術をさせていただいています。このブログでは、日常生活の中で、ふっと思いついたことを、アロマやファスティング、お身体の観点から、ちょっとだけ深堀りしてお話させていただきます。このブログがほんの1滴(0.05ml)でもどなたかの生活のエッセンスになれば嬉しいです。

田植え 初体験!!

先日、子供と一緒に”田植え&お料理教室”に行ってきました。                     私も子供も田植えは人生初! 自然の体験!ということもあり、お料理は添加物を一切使用しないでカレー粉から作る「甘酒カレー!」                               初めての田植えは、5㌃の広さの水田に参加者約17名で苗を植えていく作業です。参加された方はベテラン経験者が2名、2~3回目の参加の方が1名、初体験が6名、そして小学生以下の子供が8名と子供が半数!とてもにぎやかに、ハチャメチャな雰囲気で田植えが始まりました。

苗の植え方や苗と苗の間隔の開け方、全員でどのように息を合わせて1列1列進んでゆくか…などしっかりと説明を受けてから、いざ、水田の中へ!

足を入れた瞬間、”ヒヤ!”と感じ、その後”ヌメヌメ”としたものが足裏に触れたかと思うと、指の間に入り込んできます。片足を踏ん張り、もう片足を入れているときもどんどん踏ん張っている足が沈み込んでゆく感覚!もう片足も水田の中に降り立ち、沈み込んだ足を少し上にあげようとしたら、今後は足裏が張り付いて抜けない!腰や上半身がグラグラ!転ばないようにどうにかバランスを整えながら1歩1歩水田の中央に足を進めていきました。                          そんな、危なっかしい私を横目に、子どもたちは早い!「キャーキャー」言いながらもう水田の中を歩き回ったり、走っている子供もいました。

田植え

どうにか、全員が紐に沿って1列に並び、目印の真下に苗を植えます。苗の根っこの部分を指で支えながら、土の中にゆっくりと指ごと差し込む…指だけ引き抜いたら、その指で周りの土を苗に引き寄せて、苗を土の中に固定。苗の葉先を軽く引っ張っても引き抜けなければ、OKです。           この作業を1人2~3苗(?)行ったら、次の列に進みます。                    もちろん、子供も植えているので、植える場所や土にちゃんと埋まっているか?などを大人が確認します。土の中に入れ込む作業が、どうしても子供には難しいようで、苗が浮きやすいのです。何度もやっていると根っこの部分を覆っていた土が水に溶けてひ弱になり、更に植えにくく…小さな子供には少しむずかしいですが、そんな小さい子に、お姉さんやお兄さんが声をかけて、何度も挑戦!ちょっと曲がってしまう苗もありますが、子どもたちの挑戦が形になって現れました。

試行錯誤しながら、苗を植えていき1~2時間、背中で太陽の熱を感じ、冷たく感じた水田が生アタたくなります。私達が体験をさせていただいた日は、曇一時雨の天気で太陽はお目見えしませんでしたがそれでもとても暑い!半袖になると焼けるし、帽子やタオルで覆っている首元は汗だく!前かがみ、中腰の姿勢で足はプルプルして、腰が痛くなってきます。

時々背伸びをしながら、子供と少し遊びながら(上半身だけですが…^^;)体の凝りを紛らさせながら作業を続けました。そのうち、子供は疲れと飽きで離脱…でも、ぐったりするのではなく、そこらへんでキャッキャ言いながら自然を相手に思いっきり遊んでいました!大人はもうひと踏ん張り!半分終えたところで休憩。素早い準備とわかりやすい説明で「甘酒カレー」と副菜の作り方を教わり、昼食の準備。お腹ペコペコの子供たちも手伝ってくれてテラスの食卓は彩りを見せました!          みんなで「いただきます」をして、カレーを一口…この美味しいこと!副菜のひじきサラダなども身体に染み込んできます。田植えで目一杯動かした身体が生き返ってくるのを感じました。

ゆっくりと身体を休めて、後半戦!

午前中で少し慣れたせいか、苗を植える姿勢も楽になり、何より植えるスピードがみんな早くなっていました!離脱した子供の分を含めて、大人1人3~4列を担当して、どんどん苗を植えていきます。感覚としては…午前中の半分くらいの時間で後半を植えきり終了!                  自分が植えた列を改めて見たら、水の中にスーッとラインが出来上がっていて、とても綺麗でした。(自画自賛^^)初めは変な感じがしていた水田の土はとても心地よく、まだまだ踏みしめていたい!という感覚に襲われます。                                   名残惜しい気持ちを鎮めて、みんなで記念写真を撮ってから水田を離れました。

帰りは、道中に見かけた温泉に立ち寄って、体のシワに入り込んでしまった土を落とします。     そうしたら、なんとなく肌がつるつる?子供の肌を触ってみたら、なんと気持ちの良いことか!!

世の中には、クレイパックなるものがありますが、田植えでは天然のクレイパックを1日中していた状況なのです!クレイパックは、細かい土で肌表面の汚れを落としてくれるだけではなく、土の中に含まれるミネラルなどの効果でお肌に栄養を入れてくれたり、傷が治りやすくなる?という効果も期待できるそうです。

乾燥させて売られている土でもそんな効果が期待できますが、水な中で虫や微生物たちが住んでいる、生きた土は…もっと効果があるのでは?^^                          そんなことを感じながら、子供のお肌をすべすべ…幸せな一時でした。               翌日、アトピーの私は炎症していた手の赤みが減り、分厚く肥厚していた角質が一皮むけて、下から新たな肌と対面できました!

やはり、田植えは美肌効果もあるのですね!!

このようにして、私と子供の田植え初体験が無事に終わりました。                 翌日以降の筋肉痛は人それぞれですが…日本人の皆様、私達の文化のルーツであるお米作り、是非体験してみてください!

では!今回はこのへんで失礼致します。今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。みなさまにとって、素敵な1日でありますように…

アロマトリートメント・リラクセーションにご興味がある方。日常にアロマを取り入れたいと思っている方、以下のお問い合わせにてご連絡ください。心を込めて提案させていただきます。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
手塚 こころ作業療法士、アロマセラピスト、アロマボディワーカー
年齢:1979年生まれ・しし座 性別:女性 住所(出身):東京(東京) 仕事:作業療法士    アロマセラピスト    ボディーワーカー 趣味:ボディーワーク    合唱・スキー・旅行 <メッセージ> 私は約20年お身体に関わらせて頂く仕事を続けてきました。 その中で「人は”ホッ!”と一息休める時間があるからこそ頑張れる!」 大人でも、子供でも、おじいちゃん・おばあちゃんでも… ”ホッ!”とすることで、こころと身体にほんの少しの隙間(余裕)が生まれると思うようになりました。 そんな、空間を作っていきたい! このブログはそんな思いで書いています^^